Text Size : A A A
Img_9c892d7fae3ab73e3077acf7ca503529
資生堂の創業140周年の社会貢献プロジェクトに切り絵で参加させて頂きました。
かおりえほん「こぐまのトコト きょうはなんのひ?」
お母さん思いの可愛いトコト、ぽてっとした体型に可愛い赤い長靴を履かせました。
トコトを描いて切っている間、心がとても穏やかで楽しくてずっと笑っていたように思います。
絵本をつくる楽しさを教えてくれました。


(下記資生堂のサイトより抜粋)


“全ての子どもたちに向けた、五感で楽しめる絵本”

創業140周年の社会貢献プロジェクトとして、資生堂の国際事業企画部が発案し、宣伝制作部も制作に参加しました。「かおりえほん」は絵と言葉だけでなく、触感や香りでも楽しむことができる絵本です。昨年の12月、目の不自由な子どもたちへのクリスマスプレゼントとして、視覚特別支援学校、NPOなどを通じて数百冊を寄贈しました。

物語の内容は、こぐまの「トコト」がお母さんの誕生日に森をトコトコ歩きまわり、お母さんを喜ばせようと、森の動物たちと関わりながらプレゼントを集めていくお話です。物語に沿って7つの香りと仕掛けがあります。

五感で物語を体験できるよう、細部まで工夫を凝らしました。美味しそうな香りや凹凸のある印刷加工は、サンエーカガクさんのご協力で実現できました。また、弱視の方にも形が認識しやすいようなコントラストのはっきりした絵柄を採用しています。mimoeさんの絵や物語自体の魅力と、さまざまな工夫によって、どなたでも楽しんでいただける絵本になったと思います。たくさんの子どもたちが、家族やお友達と「かおりえほん」を読んで、触れて、香りを楽しんでくれると嬉しいです。(西本歩)

AD / D 西本 歩
C 橋口 明日香
Img_30d7edfd6efb1589e5b391c0f7b588e5
Img_5718e8e60835aa3285b81e2457f1efd2
Img_bfe2558bd285313d6b2e58024ec71b53